19日午後の東京市場でドル・円は戻りが鈍く、108円50銭台でのもみ合い。欧州勢によるドル売りが観測され、ユーロ・ドルは1.19ドル台後半に浮上。前週に引き続き1.20ドルを上抜けられるか注目される。ただ、大台を回復できなければ、上値の重さを嫌気したユーロ売りの可能性も。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円47銭から108円84銭、ユーロ・円は129円70銭から130円33銭、ユーロ・ドルは1.1942ドルから1.1988ドル。