22日午後の東京市場でドル・円は一時107円90銭付近に値を下げたが、その後は安値圏ながら売りは一服。日経平均株価は前日比500円超高と強含み、日本株高を好感した円売りが観測される。一方、ドルは対主要通貨での戻りが鈍く、対円でもそれを追随した値動きに。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円91銭から108円14銭、ユーロ・円は129円83銭から130円14銭、ユーロ・ドルは1.2027ドルから1.2047ドル。