23日午後の東京市場でドル・円は107円90銭付近と、変わらずの値動き。欧州勢によるドル売りが観測され、ユーロ・ドルは1.2040ドル付近まで値を上げた。それによりユーロ・円などクロス円も底堅い値動きとなり、ドル・円はそれに追随し下げづらい展開のようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円80銭から108円00銭、ユーロ・円は129円59銭から129円86銭、ユーロ・ドルは1.2013ドルから1.2038ドル。