26日午前の東京市場でドル・円は107円70銭台で推移。日経平均は74円高で午前の取引を終えた。日経平均、中国本土株式は底堅い動きを見せているものの、ドルは伸び悩んでいる。ユーロ高・米ドル安の相場展開となっていることも意識されている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円71銭から107円95銭で推移、ユーロ・円は130円37銭から130円59銭で推移、ユーロ・ドルは1.2089ドルから1.2112ドルで推移している。



・NY原油先物(時間外取引):高値62.26ドル 安値61.91ドル 直近61.99ドル



【売買要因】

・米国の大型増税計画

・米国の早期利上げ観測は後退

・日本政府は4都県を対象に緊急事態宣言発令