日経平均は132円高(14時40分現在)。日経平均寄与度では、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、アドバンテスト<6857>などがプラス寄与上位となっており、一方、エムスリー<2413>、中外薬<4519>、第一三共<4568>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、空運業、陸運業、鉄鋼、海運業、不動産業が値上がり率上位、医薬品、水産・農林業、倉庫運輸関連、ゴム製品、その他製品が値下がり率上位となっている。



日経平均は一時220円高まで上げ幅を拡大したが、その後は伸び悩み、方向感を欠く動きとなっている。後場の値幅(高値と安値の差)はここまで143円程度。