29日午後の東京市場でドル・円は108円60銭台と、変わらずの値動き。連邦準備制度理事会(FRB)やバイデン米大統領の議会演説など重要イベントをこなし、次の材料待ちで積極的な売り買いが手控えられているもよう。欧米株高観測で、円買いは後退した。





ここまでの取引レンジは、ドル・円が108円44銭から108円64銭、ユーロ・円は131円60銭から131円80銭、ユーロ・ドルは1.2123ドルから1.2150ドル。