5日午後の東京市場でドル・円は109円30銭付近と、変わらずの値動き。日本や中国の主要市場の休場で具体的な材料が乏しいなか、積極的な売り買いは手控えられているもよう。全般的にリスク選好地合いは弱まっているものの、円買いは抑制された。





ここまでの取引レンジは、ドル・円が109円19銭から109円38銭、ユーロ・円は131円29銭から131円46銭、ユーロ・ドルは1.2010ドルから1.2022ドル。