10日午後の東京市場でドル・円は伸び悩み、本日高値圏の108円80銭台で推移している。前週末の低調な米雇用統計を受けたドル売りを修正する動きに変わりはないが、材料難でドルの買戻しは限定的。一方、日経平均株価は上げ渋り、円売りも抑制されているようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円が108円47銭から108円92銭、ユーロ・円は131円91銭から132円38銭、ユーロ・ドルは1.2153ドルから1.2177ドル。