10日午後の東京市場でドル・円は108円80銭付近と、変わらずの値動き。米10年債利回りは持ち直しているものの、足元は動意が薄くドル買いは仕掛けづらいもよう。一方、日経平均株価は堅調地合いだが、上げ渋りで円売りは抑制されているようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円が108円47銭から108円92銭、ユーロ・円は131円91銭から132円38銭、ユーロ・ドルは1.2153ドルから1.2177ドル。