12日の東京外為市場でドル・円は伸び悩み。早朝の取引で108円59銭を付けた後、米株式先物の下げ幅拡大で続落を警戒したリスクオフのドル買いが強まり108円91銭まで上昇。ただ、日経平均株価の大幅続落で、リスク回避の円買いがドルの一段の上昇を抑えた。



・ユーロ・円は132円11銭から131円87銭まで下落した。

・ユーロ・ドルは1.2151ドルから1.2116ドルまで値を下げた。



・17時時点:ドル・円108円80-90銭、ユーロ・円132円00-10銭

・日経平均株価:始値28,712.10円、高値28,831.03円、安値27,888.59円、終値28,147.51円(前日比461.08円安)



【要人発言】

・スナク英財務相

「足元の経済成長は今後への有望な兆し」

「経済活動を再開させつつ、必要な支援措置を継続する」



【経済指標】

・日・3月景気動向指数・先行速報値:103.2(予想:102.9、2月:98.9←98.7)

・英・1-3月期GDP速報値:前年比-6.1%(予想:-6.1%、10-12月期:-7.3%)

・英・3月鉱工業生産:前月比+1.8%(予想:+1.0%、2月:+1.0%)

・英・3月貿易収支:-117.10億ポンド(予想:-143.00億ポンド、2月:-105.10億ポンド←-164.42億ポンド)

・独・4月消費者物価指数改定値:前年比+2.0%(予想:+2.0%、速報値:+2.0%)