13日のニューヨーク外為市場でドル・円は109円69銭から109円41銭まで下落したのち、109円00銭で引けた。

米4月生産者物価指数(PPI)が前月比では前月から伸びが鈍化し、インフレへの警戒感が緩和し、長期金利低下に伴うドル売りが優勢となった。




ユーロ・ドルは1.2100ドルまで上昇後、1.2061ドルまで反落して引けた。




ユーロ・円は132円55銭から132円04銭まで下落。


  


ポンド・ドルは1.4062ドルまで上昇後、1.4015ドルまで下落。




ドル・スイスは0.9080フランから0.9051フランまで下落した。




[経済指標]
・米・4月生産者物価指数:前月比+0.6%(予想:+0.3%、3月:+1.0%)
・米・4月生産者物価コア指数:前月比+0.7%(予想:+0.4%、3月:+0.7%)
・米・4月生産者物価指数:前年比+6.2%(予想:+5.8%、3月:+4.2%)
・米・4月生産者物価コア指数:前年比+4.1%(予想:+3.8%、3月:+3.1%)
・米・先週分新規失業保険申請件数:47.3万件(予想:49.0万件、前回:50.7万件←49.8万件)
・米・失業保険継続受給者数:365.5万人(予想:365.0万人、前回:370万人←369.0万人)