13日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円69銭から109円41銭まで下落し、109円47銭で引けた。米4月生産者物価指数(PPI)は前月比では予想を上回ったものの、全体の伸び率は3月実績を下回ったことから、インフレ進行への警戒感が緩和し、長期金利低下に伴うドル売りが優勢となった。



ユーロ・ドルは1.2100ドルまで上昇後、1.2062ドルまで反落し、1.2079ドルで引けた。米国株式の反発を意識したユーロ買いが観測されたが、まとまった規模ではなかったようだ。ユーロ・円は132円55銭から132円08銭まで下落した。ポンド・ドルは1.4063ドルまで上昇後、1.4016ドルまで下落した。ドル・スイスは0.9080フランから0.9051フランまで下落した。