<円債市場>

長期国債先物2021年6月限

寄付151円39銭 高値151円42銭 安値151円36銭 引け151円37銭

売買高総計14448枚



2年 424回 -0.130%

5年 147回 -0.090%

10年 362回  0.080%

20年 176回  0.445%



債券先物6月限は、151円39銭で取引を開始。米10年債利回りの低下に連れていったん買われたとみられ、151円42銭まで上げた。その後、日銀の国債買い入れオペの結果が弱めだったことや翌日の20年債入札への警戒から売りが優勢になり、151円36銭まで下げた。現物債の取引では、2年債が買われ、5年債、10年債、20年債が売られた。



<米国債概況>

2年債は0.15%、10年債は1.66%、30年債は2.36%近辺で推移。

債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)



<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は-0.10%、英国債は0.86%、オーストラリア10年債は1.76%、NZ10年債は1.85%。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]

・21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:45.0万件、前回:47.3万件)

・21:30 米・5月フィラデルフィア連銀製造業景況指数(予想:41.0、4月:50.2)

・22:00台 南ア中銀が政策金利発表(3.50%に据え置き予想)

・23:00 米・4月景気先行指数(前月比予想:+1.3%、3月:+1.3%)

・23:30 カプラン米ダラス連銀総裁オンライン質疑応答