欧州市場でドル・円は一時108円80銭台に弱含んだが、その後は109円付近に値を戻した。一方、ユーロ・ドルは1.22ドル台に定着できず、1.2190ドル付近でのもみ合い。米10年債利回りの低下でドルは売られやすい半面、米株式先物の下げ幅拡大でリスクオフの買いが観測される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円が108円87銭から108円99銭、ユーロ・円は132円70銭から132円99銭、ユーロ・ドルは1.2185ドルから1.2204ドル。