21日午後の東京市場でドル・円はやや失速し、108円70銭台に値を下げた。夕方にかけて発表されるユーロ圏や英国の経済指標の底堅い内容を見込んだユーロやポンドの買いが入り、ドルを下押し。ただ、日経平均株価は上げ幅を拡大し、円売りがドルをサポートしよう。





ここまでの取引レンジは、ドル・円が108円73銭から108円90銭、ユーロ・円は132円95銭から133円21銭、ユーロ・ドルは1.2223ドルから1.2233ドル。