21日午後の東京市場でドル・円は108円70銭台と、変わらずの値動き。ユーロやポンドなど欧州通貨が対ドルで買われ、ドルを下押しする展開となっている。ただ、日経平均株価は前日比200円超高に上げ幅を拡大しており、日本株高を好感した円売りが観測される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円が108円73銭から108円90銭、ユーロ・円は132円95銭から133円21銭、ユーロ・ドルは1.2223ドルから1.2236ドル。