21日午後の東京市場でドル・円はじり安となり、108円70銭付近に値を下げた。ポンドがドルや円に対して上昇し、ドルへの下押し圧力に。ただ、日経平均株価は前日比200円超高の堅調地合いで取引を終え、日本株高を好感した円売りがドルの下げを弱めているようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円が108円68銭から108円90銭、ユーロ・円は132円95銭から133円21銭、ユーロ・ドルは1.2223ドルから1.2236ドル。