25日の東京外為市場でドル・円は反落。ドル売りに伴うクロス円の上昇に押し上げられ、朝方に108円86銭まで値を上げた。その後は日本株高を好感した円売りが続いたが、米10年債利回りの軟調地合いや米株高観測でドル売りが再開し、108円62銭まで弱含んだ。



・ユーロ・円は132円82銭から133円11銭まで上昇した。

・ユーロ・ドルは1.2212ドルから1.2253ドルまで値を上げた。



・17時時点:ドル・円108円60-70銭、ユーロ・円133円20-30銭

・日経平均株価:始値28,516.99円、高値28,576.97円、安値28,443.74円、終値28,553.98円(前日比189.37円高)



【経済指標】

・独・1-3月期GDP改定値:前年比-3.4%(予想:-3.3%、速報値:-3.3%)

・独・5月IFO企業景況感指数:99.2(予想:98.0、4月:96.8)



【要人発言】

・加藤官房長官

「米国の渡航中止について、情報収集など適切に対応する」