26日午後の東京市場でドル・円は小動きとなり、108円70銭台で推移する。米10年債利回りは下げ渋るものの、先安観からドル売り基調は継続。また、NZドル・ドルの上昇を受け、ドル売りの地合いは鮮明に。一方で、アジア株高や商品高で、円売りも観測される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円が108円72銭から108円83銭、ユーロ・円は133円14銭から133円39銭、ユーロ・ドルは1.2242ドルから1.2260ドル。