28日の東京外為市場でドル・円は伸び悩み。早朝に109円79銭を付けた後は、日経平均株価の強含みなどを受けた円売りに押され、ドルは午前中に一時109円96銭まで上昇。その後は節目付近の売りが一段の上昇を抑制し、上値の重さを嫌気した売りも観測された。



・ユーロ・円は133円98銭から133円73銭まで下落した。

・ユーロ・ドルは1.2197ドルから1.2171ドルまで値を下げた。



・17時時点:ドル・円109円80-90銭、ユーロ・円133円90-00銭

・日経平均株価:始値28,912.54円、高値29,194.11円、安値28,899.66円、終値29,149.41円(前日比600.40円高)



【経済指標】

・日・5月東京都区部消費者物価指数(生鮮品除く):前年比-0.2%(予想:-0.2%、4月:-0.2%)

・日・4月有効求人倍率:1.09倍(予想:1.10倍、3月:1.10倍)

・日・4月失業率:2.8%(予想:2.7%、3月:2.6%)



【要人発言】

・ビルロワドガロー仏中銀総裁

「銀行の配当に対する規制は9月に撤廃するべき」

・黒田日銀総裁

「ETF購入はまだ必要。今のところ停止は検討していない」

「パンデミック後も強力な緩和を続ける」

「日本経済は年末までにパンデミック前の水準に回復する」