1日の東京外為市場でドル・円は下げ渋り。早朝の取引で109円60銭を付けた後、前日海外市場のドル売りが継続。また、日経平均株価の続落で円買いに振れ、ドルは一時109円33銭まで弱含んだ。ただ、ドルはその後売りが一服し、午後は小幅に値を戻した。



・ユーロ・円は134円00銭から133円74銭まで下落した。

・ユーロ・ドルは1.2218ドルから1.2238ドルまで値を上げた。



・17時時点:ドル・円109円40-50銭、ユーロ・円133円90-00銭

・日経平均株価:始値28,998.65円、高値29,075.47円、安値28,611.25円、終値28,814.34円(前日比45.74円安)



【金融政策】

・豪準備銀行:政策金利を0.10%に据え置き



【要人発言】

・豪準備銀行(声明)

「目標が達成されるまで支援的な金融条件を維持することをコミット」

「インフレ率が持続的に2-3%の目標範囲内に収まるまで利上げはしない」

「利上げ条件が満たされるのは早くても2024年を想定」

・ラムスデン英中銀副総裁

「物価上昇圧力の増大を警戒する」

・スイス国立銀行副総裁

「最近のフラン安を歓迎しているが、なお過大評価されている」

「現在の緩和措置は適切」



【経済指標】

・日・1-3月期法人企業統計調査・全産業設備投資:前年比-7.8%(予想:-6.8%、10-12月期:-4.8%)

・豪・1-3月期経常収支:+183億豪ドル(予想:+177億豪ドル、10-12月期:+160億豪ドル←+145億豪ドル)

・中・5月財新製造業PMI:52.0(予想:52.0、4月:51.9)

・スイス・1-3月期GDP:前年比-0.5%(予想:-0.2%、10-12月期:-1.6%)

・独・5月失業率:6.0%(予想:6.0%、4月:6.0%)

・独・5月製造業PMI改定値:64.4(予想:64.0、速報値:64.0)

・ユーロ圏・5月製造業PMI改定値:63.1(予想:62.8、速報値:62.8)