2日のマザーズ先物は前日比7.0pt安の1129.0ptとなった。なお、高値は1147.0pt、安値は1127.0pt、取引高は3499枚。本日のマザーズ先物は、米国市場が伸び悩み、ナイトセッションが下落した流れを引き継ぎ続落でスタートした。現物株の寄り付き後は、時価総額上位のメルカリ<4385>やBASE<4477>が上昇し、相場を下支えしマザーズ先物は11.0pt高まで上昇する場面があった。しかし、上昇した時価総額上位銘柄が値を消したことで、マザーズ先物は前日終値付近を行き来する方向感の無い値動きとなった。その後、大引け前に時価総額上位のJTOWER<4485>やBASEが一段と弱含みしたことが相場の重しとなり、マザーズ先物は若干下げ幅を拡大し、続落で取引を終了した。日足チャートでは、5日線を超える上髭の後は、25日線を割り込み2日陰線で引けており、上値の重さが意識される値動きとなった。