3日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。引き続き欧州通貨の選好地合いで、ドルは下押しされやすい。ただ、明日発表の米雇用統計を見極めようと、今晩の関連指標によるドルの売り買いは限定的となりそうだ。



英ジョンソン政権はイングランドでの新型コロナウイルス対策の制限措置について、慎重姿勢を示している。ただ、21日の解除が期待され、前日の取引ではポンド買い優勢の展開となった。また、欧州中銀(ECB)による緩和縮小観測の継続で欧州通貨買いが強まり、ドル・円は109後半から半ばに失速。本日アジア市場で日経平均株価や上海総合指数などアジア株の堅調地合いを手がかりに円売りに振れ、ドル・円は109円半ばで底堅く推移した。



この後の海外市場では、明日の米雇用統計を見極める展開に。今晩の新規失業保険申請件数は前回から減少が予想される一方、ADP雇用統計は民間部門雇用者数が前回を下回る公算。また、ISM非製造業景況指数は好不況の境目である50を大きく上回るものの、ISM製造業指数と同様に雇用指数が低調なら雇用統計改善の見方は後退しよう。ただ、雇用情勢の実情を把握するのは難しくドルへの積極的な売り買いは手控えられ、値動きは小幅にとどまりそうだ。



【今日の欧米市場の予定】

・17:00 ユーロ圏・5月サービス業PMI改定値(予想:55.1、速報値:55.1)

・17:30 英・5月サービス業PMI改定値(予想:61.8、速報値:61.8)

・21:15 米・5月ADP雇用統計(予想:+65.0万人、4月:+74.2万人)

・21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:38.8万件、前回:40.6万件)

・21:30 米・1-3月期非農業部門労働生産性改定値(前期比年率予想:+5.5%、速報値:+5.4%)

・22:45 米・5月サービス業PMI改定値(予想:70.1、速報値:70.1)

・23:00 米・5月ISM非製造業景況指数(予想:63.0、4月:62.7)

・01:30 ボスティック米アトランタ連銀総裁あいさつ(出版関連会合)

・02:00 カプラン米ダラス連銀総裁オンラインセミナー参加(経済と金融政策)

・02:50 ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁オンライン討論会参加

・04:05 クオールズ米FRB副議長オンライン講演