以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。



-----------



※2021年5月31日14時に執筆



株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。



米中の間で半導体の覇権争いが繰り広げられており、米国からの中国企業に対する制裁が半導体の供給不足を招いているとの見方もあります。半導体が米中経済の行く末を担う鍵である以上、そう簡単にシェアを明け渡すわけにもいきません。これから更に半導体の重要性は世界的に高まるでしょう。



そのような業界だからこそ世界各国で新技術が生み出され、他の業界に類を見ない発展スピードで進歩しています。日本も半導体のシリコンに変わる新たな素材の研究を進めていますし、自動車メーカーも自動運転などの最新技術には高性能の半導体を欲しています。



様々な用途で半導体が使われるようになる事で、これまで以上に業界の細分化が進み、各企業の強みをどこに置くのか「選択と集中」が要求されるように思えます。半導体という今もなお拡大し続ける市場において、上流から下流までを一手に引き受けるというのは非常に困難です。日本の半導体企業の強みを理解した上で、投資に向き合う必要がありますねぇ。



さて、自動車・半導体関連の物色が目立つ日本の株式市場ですが、半導体の供給体制が整った後の世界を考えると、自動車関連の上振れもあるかと思われます。発展途上であるEVや半導体市場で、日本企業から世界を驚かせるような新たなゲームチェンジャーの誕生に期待したいところですな。



5月14日の決算発表で増益着地した不二精機<6400>は、底値圏での推移から切り返しております。自動車や医療用の高精度精密プラスチック金型の製造を手掛け、昨年12月にはコロナワクチン用注射器の思惑から急動意しました。現在は落ち着いていますが、自動車関連としても人気化するか注視しております。



こちらも同じく工業用プラスチック成形品や成形用金型を製造するタカギセイコー<4242>は、21年3月期の業績を3月・5月と二度も上方修正しており、22年3月期の経常利益は前期比で2.2倍に伸長するとの予想です。EVで低燃費を実現する為の車体軽量化関連としてチェックしております。



半導体のレーザー関連からはジェイテックコーポレーション<3446>をピックアップしてみました。同社は研究施設向け高精度のX線ナノ集光ミラーの開発を行っている事が思惑となっているようです。半導体はもちろん、医療など幅広い分野での活躍が期待されます。



同じくレーザー光学関連部品メーカーであるシグマ光機<7713>も半導体関連として注目したいところ。光学ユニット等の需要が堅調で、21年5月期の業績が上振れする可能性もあるか監視を強めて参ります。



半導体製造装置などを手掛けるフェローテックHD<6890>は21年3月期を増益着地すると、22年3月期は過去最高益を更新する見通しです。有機ELパネルに使われる真空シールが復調した他、半導体製造プロセスに使われるマテリアル製品の需要が急拡大したとの事。チャート(日足)は、年初来高値を更新するか注視しておりますよ。



最後は5月13日の決算発表で黒字転換したTHK<6481>です。直動ベアリングが主力で半導体製造装置向けの需要が拡大しており、円安である事も追い風になっている模様。チャート(日足)が窓を開けて動意後、監視を強めていきたいです。



さて、ちょっとお話が長くなりましたが、あたくしのブログではそんな「今強含んでいる個別株・テーマ株」を紹介しています。お暇があれば覗いてみてやってください。愛猫「なつ」と共にお待ち申し上げております。



----



執筆者名:有限亭玉介

ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず