欧州市場でドル・円は底堅く推移し、109円半ばを維持。ドル売り圧力が続き、主要通貨は対ドルで堅調地合いに振れている。その影響でクロス円が値を上げ、ドル・円を押し上げた。米10年債利回りは低下したが、ドル・円は押し目買いも観測され、下げづらい展開に。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円37銭から109円59銭、ユーロ・円は133円29銭から133円46銭、ユーロ・ドルは1.2181ドルから1.2192ドル。