欧州市場でドル・円は109円50銭付近と、動意の薄い値動きが続く。米10年債利回りは底堅く推移し、ドル売りは仕掛けづらい。一方、18時に発表されたユーロ圏の鉱工業生産は予想を上回る内容となりユーロ・ドルは1.21ドル台で底堅く、ドルの下押し要因になりやすい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円62銭から109円70銭、ユーロ・円は132円76銭から132円92銭、ユーロ・ドルは1.2106ドルから1.2118ドル。