15日午前の東京市場でドル・円は上昇一服となり、110円10銭付近で推移する。足元でユーロ買いが強まり、ドルや円に対して上昇。ドル・円はユーロ・ドルに下押しされる半面、ユーロ・円にサポートされた。一方、豪ドル売りはいったん収束したが、戻りは鈍い。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円02銭から110円14銭、ユーロ・円は133円36銭から132円52銭、ユーロ・ドルは1.2113ドルから1.2125ドル。