22日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、110円40銭台を維持。米10年債利回りの持ち直しで全般的にドル買いの流れとなり、主要通貨は対ドルで上げ渋る。その影響でクロス円はやや下押しされ、ドル・円は一段の上昇を抑制されている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円21銭から110円47銭、ユーロ・円は131円21銭から131円54銭、ユーロ・ドルは1.1900ドルから1.1920ドル。