24日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。米連邦準備制度理事会(FRB)による緩和縮小の思惑で、引き続きドルに買いが入りやすい。ただ、当局者間で意見が分かれ、慎重姿勢が一段のドル高を抑制する要因となりそうだ。



前日の取引で米5年債入札の低調な結果で長期金利が上昇し、ドル買いが強まった。ユーロ・ドルは1.1970ドル付近から失速し、ドル・円は111円10銭まで上昇。前週開催された連邦公開市場委員会(FOMC)以降、FRBによる引き締め方針を背景としたドル買いに振れやすい。本日アジア市場では米10年債利回りが底堅く推移しており、ドルは売りづらい地合いに。また、日経平均株価は前日終値付近で不安定ながら、今晩の株高観測で円売りもドルを支える。



この後の海外市場では、欧米の経済指標と金融政策が注視される。本日発表の独IFO企業景況感指数は改善が予想され、ユーロ買い要因になりそうだ。また、英中銀金融政策委員会(MPC)で緩和縮小論議が進めばポンド買いに振れ、ドルを下押し。一方、米国の耐久財受注(速報値)など経済指標が堅調なら、引き締め観測によるドル買いを後押ししよう。ただ、今晩予定されている当局者の討論会では慎重な見解も予想されるため、ドル買いを弱める可能性もあろう。



【今日の欧米市場の予定】

・17:00 独・6月IFO企業景況感指数(予想:100.7、5月:99.2)

・17:00 欧州中央銀行(ECB)経済報告

・20:00 英中銀が政策金利発表(0.10%に据え置き予想)

・21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:38.0万件、前回:41.2万件)

・21:30 米・5月耐久財受注速報値(前月比予想:+2.8%、4月:-1.3%)

・21:30 米・1-3月期GDP確定値(前期比年率予想:+6.4%、改定値:+6.4%)

・21:30 米・5月卸売在庫速報値(前月比予想:+0.8%、4月:+0.8%)

・22:00 バーキン米リッチモンド連銀総裁オンライン討論会参加(経済)

・22:30 米アトランタ連銀総裁とフィラデルフィア連銀総裁討論会参加(金融政策)

・24:00 ウィリアムズNY連銀総裁オンライン討論会参加

・02:00 ブラード米セントルイス連銀総裁オンライン討論会参加(経済見通し)

・02:00 カプラン米ダラス連銀総裁オンライン討論会参加(経済)

・02:00 米財務省・7年債入札

・EU首脳会議(25日まで)