25日の東京外為市場でドル・円は反落。日経平均株価などアジアの株高を受け円売りが強まり、ドルは一時110円98銭まで値を上げた。ただ、米10年債利回りの上げ渋りでドルは111円付近の売りに押され、午後から夕方にかけて110円74銭まで値を下げた。



・ユーロ・円は132円46銭から132円23銭まで下落した。

・ユーロ・ドルは1.1927ドルから1.1949ドルまで値を上げた。



・17時時点:ドル・円110円70-80銭、ユーロ・円132円30-40銭

・日経平均株価:始値29,137.30円、高値29,174.17円、安値28,992.74円、終値29,066.18円(前日比190.95円高)



【要人発言】

・バーキン米リッチモンド連銀総裁

「真の完全雇用はまだ先」

「インフレ上昇について、現在置かれているのは一時的な局面」



【経済指標】

・NZ・5月貿易収支:+4.69億NZドル(4月:+4.14億NZドル←+3.88億NZドル)

・日・6月東京都区部消費者物価指数(生鮮品除く) :前年比0.0%(予想:-0.1%、5月:-0.2%)

・ユーロ圏・5月マネーサプライM3:前年比+8.4%(予想:+8.5%、4月:+9.2%)