28日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、110円70銭付近にやや値を上げた。日経平均株価は大引けにかけて下げ幅を縮小し、29000円台を維持して取引を終えた。また、米株式先物はプラスでもみ合い、円買いは後退。ドルへの売りは一服し、円売りに押し上げられた。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円63銭から110円85銭、ユーロ・円は131円90銭から132円35銭、ユーロ・ドルは1.1920ドルから1.1942ドル。