<円債市場>

長期国債先物2021年9月限

寄付151円73銭 高値151円75銭 安値151円68銭 引け151円69銭

売買高総計14242枚



2年 425回 -0.115%

5年 147回 -0.100%

10年 362回  0.055%

20年 176回  0.430%



債券先物9月限は、151円73銭で取引を開始。新型コロナウイルスのデルタ型変異株の感染拡大を懸念したリスク回避的な買いが先行し、151円75銭まで上げた。その後、日銀の7月国債買入方針の発表を控えて売りが優勢になったとみられ、151円68銭まで下げた。現物債の取引では、2年債、10年債、20年債が売られ、5年債はもみ合った。



<米国債概況>

2年債は0.25%、10年債は1.48%、30年債は2.09%近辺で推移。

債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)



<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は-0.18%、英国債は0.74%、オーストラリア10年債は1.53%、NZ10年債は1.75%。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]

・18:00 ユーロ圏・6月景況感指数(予想:116.5、5月:114.5)

・21:00 独・6月消費者物価指数速報値(前年比予想:+2.4%、5月:+2.5%)

・22:00 米・4月FHFA住宅価格指数(前月比予想:+1.6%、3月:+1.4%)

・22:00 米・4月S&PコアロジックCS20都市住宅価格指数(前年比予想:+14.70%、3月:+13.27%)

・22:00 バーキン米リッチモンド連銀総裁がオンライン討論会参加

・23:00 米・6月消費者信頼感指数(予想:119.0、5月:117.2)