1日午後の東京市場でドル・円は小じっかりとなり、本日高値を上抜け111円20銭台に水準を切り上げた。クロス円もそれに追随し、円売り基調に振れている。一方、15時に発表されたドイツの小売売上高は予想を下回ったが、ユーロはいったん買い戻された。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円03銭から111円26銭、ユーロ・円は131円57銭から131円92銭、ユーロ・ドルは1.1837ドルから1.1860ドル。