5日午後の東京市場でドル・円は111円10銭台と、変わらずの値動き。前週末の米雇用統計後のドル売りは一服し、ドルは主要通貨に対し下げ渋る展開に。ドル・円は動きづらいなか、111円台前半に値を戻した。また、日本株は下げ渋り、円買いは抑制されているようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円98銭から111円19銭、ユーロ・円は131円65銭から131円85銭、ユーロ・ドルは1.1851ドルから1.1870ドル。