5日の東京外為市場で上げ渋り。朝方からややドル買いに振れ、仲値にかけて111円19銭まで値を上げた。ただ、日経平均株価の軟調地合いで円買いが強まったほか、ドルは夕方にかけて欧州勢とみられる売りが強まり、110円97銭まで値を下げた。



・ユーロ・円は131円87銭から131円62銭まで下落した。

・ユーロ・ドルは1.1870ドルから1.1851ドルまで値を下げた。



・17時時点:ドル・円110円90-00銭、ユーロ・円131円60-70銭

・日経平均株価:始値28,709.57円、高値28,731.07円、安値28,581.08円、終値28,598.19円(前日比185.09円安)



【経済指標】

・豪・5月小売売上高改定値:前月比+0.4%(速報値:+0.1%)

・中・6月財新サービス業PMI:50.3(予想:54.9、5月:55.1)

・独・6月サービス業PMI改定値:57.5(予想:58.1、速報値:58.1)

・ユーロ圏・6月サービス業PMI改定値:58.3(予想:58.0、速報値:58.0)



【要人発言】

・黒田日銀総裁

「政策金利の現行水準、またはそれを下回る水準を想定している」