7月5日のニューヨーク市場は、米国が「独立記念日」の祝日の振替休日のため、主要通貨の為替取引は閑散。ドル・円は下げ渋り。110円85銭から一時110円98銭まで買われており、110円97銭で引けた。





ユーロ・ドルは、もみ合い。有力な手掛かり材料不足で小動きが続いた。1.1873ドルから1.1856ドルの範囲内で上下し、1.1863ドルで引けた。ユーロ・円は下げ渋り、133円55銭から133円69銭まで戻した。ポンド・ドルは、下げ渋り。1.3838ドルから1.3859ドルまで戻した。ドル・スイスフランは、やや下げ渋り、0.9212フランまで下げた後、0.9229フランまで戻した。