8日のマザーズ先物は前日比22.0pt安の1141.0ptとなった。なお、高値は1167.0pt、安値は1139.0pt、取引高は2563枚。本日のマザーズ先物は、米国市場でナスダックが伸び悩みとなり、ナイトセッションが小幅安した流れを引き継ぎ下落してのスタートとなった。現物株の寄り付き後は、BASE<4477>やフリー<4478>など時価総額上位銘柄の下落が相場の重しとなり、マザーズ先物も下げ幅を拡大して、一時は24.0pt安まで値を下げる軟調な展開となった。その後は、時価総額上位のメルカリ<4385>が徐々に上げ幅を拡大して相場を下支えし、マザーズ先物も下げ幅を縮小する場面があったものの、大引けでは再び売りに押され、本日の安値圏で取引を終了した。日足チャートでは、陰線で25日線から大きく乖離する弱い値動きとなった。