9日午前の東京市場でドル・円は底堅い値動きとなり、109円後半で小幅に値を上げた。米10年債利回りの持ち直しで、ドルが他の主要通貨に対し強含んだ。一方、日経平均株価の大幅安で円買いに振れやすいものの、クロス円は前日の下げをやや修正しドル・円も支えた。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円70銭から109円94銭、ユーロ・円は129円91銭から130円19銭、ユーロ・ドルは1.1835ドルから1.1850ドル。



【経済指標】

・日・6月マネーストックM3:前年比+5.2%(予想:+5.2%、5月:+6.9%)

・中・6月消費者物価指数:前年比+1.1%(予想:+1.2%、5月:+1.3%)

・中・6月生産者物価指数:前年比+8.8%(予想:+8.8%、5月:+9.0%)