9日午後の東京市場でドル・円はじり高となり、110円台を回復した。米10年債利回りの持ち直しでドル買いが強まり、対主要通貨で値を上げている。また、ドル・円に追随し、クロス円も上昇基調に。一方、日経平均株価は下げ幅を縮小し、円買いを抑制する。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円70銭から110円08銭、ユーロ・円は129円91銭から130円27銭、ユーロ・ドルは1.1831ドルから1.1850ドル。