13日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、110円30銭台を維持している。日経平均株価は前日比100円超高の堅調地合いで、アジア株高を好感した円売りに振れやすい。また、本日発表された中国貿易統計で輸出入の伸びが示され、円売りの支援材料に。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円29銭から110円44銭、ユーロ・円は130円86銭から131円09銭、ユーロ・ドルは1.1856ドルから1.1875ドル。