欧州市場でドル・円は小動きとなり、110円30銭台でのもみ合い。ラガルド欧州中銀(ECB)総裁の引き締めに慎重な見解が伝えられると、ユーロ・ドルは1.1840ドル付近に弱含んだ。一方、米10年債利回りは上昇基調を維持し、ややドル買いに振れやすい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円31銭から110円42銭、ユーロ・円は130円66銭から130円82銭、ユーロ・ドルは1.1841ドルから1.1851ドル。