14日の東京市場でドル・円は110円70銭まで買われた後は上げ渋った。110円台半ばでのもみ合いがしばらく続いたが、ユーロ買い・米ドル売りが優勢となったことから、一時110円42銭まで下げている。

・ユーロ・円は、130円36銭まで買われた後は、上げ渋り、一時130円13銭まで売られる場面があった。

・ユーロ・ドルはやや強含みとなり、1.1772ドルから1.1797ドルまでユーロ高・米ドル安に振れる展開。

・17時時点:ドル・円110円45-55銭、ユーロ・円130円20-30銭

・日経平均株価:始値28,517.31円、高値28,696.80円、安値28,482.82円、終値28,608.49円(前日比109.75円安)

・NY原油先物(時間外取引):高値75.34ドル 安値74.87ドル 直近75.29ドル



【経済指標】

・英・6月消費者物価指数:前年比+2.5%(予想:+2.2%、5月:+2.1%)

・英・6月消費者物価コア指数:前年比+2.3%(予想:+2.0%、5月:+2.0%)

・英・6月生産者物価産出指数:前年比+4.3%(予想:+4.8%、5月:+4.4%)



【要人発言】

・国際オリンピック委員会(IOC)バッハ会長

「菅首相とフランクで実りある会合を持てた」

・加藤官房長官

「キューバのデモの状況を注視し、邦人の安全確保に万全期す」

・関係筋(共同通信)

「最低賃金、過去最大の28円引き上げ930円目安で決着」