ラウンドワン<4680>:1232円(-106円)

大幅続落。海外募集による自己株式の処分を発表している。処分株式数は675万4000株、処分価格決定期間は7月14日から15日までとなっている。手取概算額 83.1億円の使途は、各国の経済活動正常化を見据えた機動的な新規出店開発を推進するための有利子負債削減を目的としている。処分株数は自己株式を除いた発行済み株式数の7.6%に当たる水準で、目先の需給悪化を警戒する動きが優勢に。





リソー教育<4714>:359円(+26円)

大幅続伸。前日に22年2月期の業績上方修正を発表している。営業利益は従来の25.1億円から28.1億円、前期比2.8倍の水準にまで引き上げ。5月末グループ全体の生徒数が前年同月比で22%増加し、19年5月と比較しても9.9%増加するなど好調に推移していることを業績上振れの背景としている。前年同期比で収益は改善していたが、第1四半期も営業赤字であったため、ストレートに上方修正をポジティブ視する動きが強まっている。





サイゼリヤ<7581>:2790円(+129円)

大幅反発。前日に第3四半期決算を発表、累計営業損益は8.5億円の赤字で前年同期比14.1億円の損益改善となっている。再度の緊急事態宣言の発出を受けて、通期予想は従来の7億円の赤字から25億円の赤字に下方修正。ただ、協力金の追加計上によって、経常損益は30億円の黒字から50億円の黒字に上方修正している。営業損益の下振れは想定線、海外市場の想定以上の拡大などを評価する動きが優勢に。





三光合成<7888>:497円(+48円)

大幅反発。前日に21年5月期の決算を発表、営業利益は24.1億円で前期比3.5倍の水準となり、従来計画の20億円を大幅に上回る着地になった。タイ、インドネシア、中国における車両部品の受注増加、欧州、タイ、インドネシアにおける金型部門の受注増加などが背景。22年5月期も29億円で同20.3%増益の見通しとしており、年間配当金も3円増の14円を計画。想定以上の収益改善ペースを評価する動きが優勢になっている。





IDOM<7599>:842円(+122円)

大幅続伸で上昇率トップ。前日に第1四半期決算を発表、営業損益は50.8億円となり、前年同期1.5億円の赤字から黒字転換へ。想定以上の実績になったとし、上半期予想は従来の59億円から84億円に、通期では125億円から150億円、前期比41.9%増益に上方修正している。国内大型店を中心に小売台数が想定以上に増加したほか、豪州子会社における新車販売台数も好調に推移のもよう。想定以上の業績拡大がポジティブなインパクトに。





シンメンテ<6086>:1071円(+46円)

6月10日に付けた年初来高値(1034円)を約1カ月ぶりに更新した。22年2月期第1四半期(21年3-5月)の営業利益を前年同期比150.9%増の1.74億円と発表。売上高は16.0%増の37.02億円にとどまったものの、販管費を6.6%増の6.48億円と大幅に抑制できたことから利益が拡大した。通期予想は前期比5.8%増の7.28億円で据え置いた。第1四半期の好スタートが評価され、投資資金が流入しているようだ。





ウェルスナビ<7342>:3955円(+135円)

大幅に3日ぶり反発。ロボアドバイザー「WealthNavi for ソニー銀行」と「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」でNISA(少額投資非課税制度)に対応した新機能「おまかせ NISA」の提供を開始したと発表している。顧客はNISAの非課税メリットを活用しながら、ロボアドバイザーに「おまかせ」で資産運用できる。また、WealthNaviの預かり資産が正式リリースから約5年で5000億円を突破したと公表している。





関通<9326>:3855円 カ -

ストップ高買い気配。8月31日を基準日として1株につき3株の割合で分割すると発表している。投資単位当たりの金額を引き下げ、株式の流動性を高めるとともに投資家層の拡大を図ることが目的。また、22年2月期第2四半期累計(21年3-8月)の営業利益を従来予想の1.86億円から3.19億円(前年同期実績1.29億円)に上方修正した。EC・通販物流支援サービスで新規顧客の導入が早期に進んだため。通期予想は6.70億円で据え置いた。