15日午後の東京市場でドル・円は109円80銭台で推移。日経平均は275円安で推移しており、株安は続いていることから、ドルの上値は重いまま。本日発表された中国の主要経済指標に対する目立った市場反応は確認されず。ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円82銭から110円03銭、ユーロ・円は、129円90銭から130円20銭、ユーロ・ドルは1.1821ドルから1.1839ドル。



・NY原油先物(時間外取引):高値72.96ドル 安値72.06ドル 直近値72.53ドル



■今後のポイント

・米金融緩和策の長期化観測

・米国の大規模インフラ投資計画

・各国におけるウイルス変異株の感染拡大