NY外為市場ではドル・円は110円台前半から109円85銭まで反落した。パウエルFRB議長は、上院銀行委員会での証言で、テーパリング開始の条件達成には「程遠い」との見解を繰り返した。ある程度、インフレは一時的で、一時的なインフレに対応するには適切ではないと主張。



米10年債利回りは一時1.32%まで低下した。