ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、ユーロ・円は一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)まで戻し、さらに137円50銭(2018/2/2)まで買われた。インフレ目標を2%としたことで欧州中央銀行(ECB)の大規模な金融緩和策は長期間継続される見込み。米国金利の先高観は後退しつつあるが、リスク選好的なユーロ買い・米ドル売りは目先的に抑制される可能性が高い。そのため、ユーロ買い・円売りがただちに拡大する可能性は低いと予想される。



【ユーロ売り要因】

・ECBはインフレ目標について2%をいくらか上振れることを承認

・ユーロ圏経済のすみやかな拡大は期待薄

・米国経済の正常化期待



【ユーロ買い要因】

・ユーロ圏の企業景況感は改善傾向

・域内経済活動は段階的に拡大へ

・米長期金利の伸び悩み