21日午前の東京市場でドル・円は引き続き109円90銭台で推移。リスク回避的な円買いは縮小しており、一時109円98銭まで買われている。ただし、22日、23日は東京市場が休場となるため、ドル・円などの主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続く可能性がある。ユーロ・ドルはもみ合い、1.1775ドルから1.1783ドルで推移。ユーロ・円はやや上げ渋り、129円39銭から129円56銭で推移。