22日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、110円20銭台にやや値を上げた。欧州中銀(ECB)理事会を前に調整の売り買いが交錯し、小幅安に振れドルを押し上げた。一方、米株式先物は堅調地合いが続いており、今晩の株高を見込んだ円売りが観測される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円08銭から110円30銭、ユーロ・円は129円77銭から130円14銭、ユーロ・ドルは1.1788ドルから1.1800ドル。