欧州市場でドル・円は小じっかりとなり、110円10銭台から110円30銭付近に値を上げた。米10年債利回りの低下でドル売りの流れとなり、その影響で主要通貨はドルに対して上昇。ドル・円はドル売りに押されながらも、クロス円に押し上げられている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円14銭から110円28銭、ユーロ・円は129円67銭から130円02銭、ユーロ・ドルは1.1767ドルから1.1789ドル。