19日午後の東京市場でドル・円は110円10銭台と、動意の薄い値動き。日経平均株価や上海総合指数などアジア株、時間外取引の米株式先物は軟調ながら下げ渋り、一段のリスク回避的な円買いを抑制する。一方、米10年債利回りは変わらず、ドル買いは仕掛けづらい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円76銭から110円22銭、ユーロ・円は128円47銭から128円70銭、ユーロ・ドルは1.1666ドルから1.1719ドル。